Wikia

GUNDAM Wiki

RX-81 ジーライン 基本フレーム

トーク0
780 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ジーライン 基本フレーム
RX-81 B
所属:Efsf
開発:地球連邦軍
生産形態:試作機
全高:19.2m
全備重量:72.0t
武装:バルカン砲×2
乗員人数:1
  

RX-81 ジーライン 基本フレームはゲーム「機動戦士ガンダム戦記」や漫画「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 -水天の涙-」に登場する地球連邦軍の試作MS。

RX-81 ジーライン 概要編集

ジーラインことRX-81はU.C.0081の時期に実在が確認された地球連邦軍のMSで、開発自体は1年戦争末期から進められていて、RX-78ガンダムのFSWS計画と平行して準備が進められていたが、終戦による軍縮の影響で開発が中止され、完成していた2機は装備1式と共にベルファスト基地内で保管されていた。

機体解説 編集

RX-81のコンセプトはニュータイプが搭乗した際のRX-78の実働データを基準に、格闘性能の向上と機動性・装甲の強化を目指していた。本機は『素体』と言うべき基本フレームに様々な外装と武装を装着することで、多種多様な任務・局面への対応が可能になっており、RX-78系の完全量産型にあたるMSである。 アーマーを装備しない素体の状態だが、装甲材がルナ・チタニウム合金であることから、チタン合金系のRGMタイプと比較すると十分に高い防御力を発揮する。 また、ジェネレーターやCAP・バック・パック等はRX-78系のセカンド・ロット型に準じた物を採用しており機動力・攻撃力も限りなくRX-78タイプに近い性能を有している。

補足 編集

連邦軍内では0081年までその存在は一部の者のみしか知らず、そのまま存在が忘れ去られるかに見えたが、各地のジオン残党軍やジオン公国軍特殊部隊「インビジブル・ナイツ」との戦闘で消耗した地球連邦軍遊撃特務部隊「ファントムスイープ」にゴドウィン准将が準備し、実戦に投入されその存在が明らかになった。この境遇はMS-08TN イフリートに酷似している。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はRX-81にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア