Wikia

GUNDAM Wiki

RX-81 AS ジーライン・アサルトアーマー

トーク0
1,151 件の記事が
このウィキにあります
諸元
RX-81 ジーライン・アサルトアーマー
RX-81 AS
型式番号:RX-81AS
所属:Efsf
開発:地球連邦軍
生産形態:試作機
全高:19.2m
全備重量:66.5t
武装:バルカン砲×2
ヒート・ランス
ビーム・サーベル
ガトリング・スマッシャー(オプション)
ミサイル・ランチャー(オプション)
アサルト・キャノン(オプション)
搭乗者:ロブ・ハートレイ
  

RX-81 AS ジーライン・アサルトアーマーは機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-に登場する地球連邦軍の試作MSで、RX-81  ジーラインの1形態。

RX-81 ジーライン 概要編集

ジーラインことRX-81はU.C.0081の時期に実在が確認された地球連邦軍のMSで、開発自体は1年戦争末期から進められていて、RX-78ガンダムFSWS計画と平行して準備が進められていたようである。そのコンセプトはニュータイプが搭乗した際のRX-78の実働データを基準に、格闘性能の向上と機動性・装甲の強化を目指していた。本機は『素体』と言うべき基本フレームに様々な外装と武装を装着することで、多種多様な任務・局面への対応が可能になっており、RX-78系の完全量産型にあたるMSである。

RX-81 AS ジーライン・アサルトアーマー編集

RX-81 ASRX-81の重装タイプで1年戦争時のRGM-79[GRS]装甲強化型ジムのコンセプトを取り入れて設計されている。機体の装甲を強化にしたうえ、脚部後部にスラスター・バーニア、側面に補助スラスターを増設している他、大型バック・パックにもプロペラント・タンクとバーニアを装備して重装甲化の機動力を確保している。この装甲防御を生かした近接戦闘を考慮したヒート・ランスを使用出来るのも本機の特徴である。

オプション兵装編集

宇宙戦用バック・パック :RX-81の標準装備のバック・パックはRX-78ガンダムと同様の物を地上用に改修使用されている。これにかわりスラスターを追加している宙間機動用のバック・パックでビーム・サーベルを2本装備している。

プロペラント・タンク付バック・パック :宇宙戦用バック・パックに追加する形で、プロペラント・タンクを増設、その後方にバーニアを増設、上面左右には追加兵装用ハードポイントが装備されている。

ミサイル・ランチャー :バック・パック上面のハードポイントに1基ずつ装備、同時に複数の目標をロックオンできる。

ガトリング・スマッシャー :連射が可能でバック・パックのハードポイントに1基ずつ装備、近接戦闘時の弾幕を形成できる。

アサルト・キャノン :FSWS計画からの転用で、バック・パックのハードポイントの右側にキャノン砲を、左側に高集積光学センサーを装備、中距離支援や大型目標の攻撃時に有効。

ヒート・ランス :中世期の欧州の騎士が使用していた馬上槍状でMSの全長程ある近接戦闘用武器、名前の通り持ち手から先が白熱化して敵の装甲を破壊する。

ギャラリー 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア