FANDOM


この記事はWikipedia:SDガンダム_GGENERATIONから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

SDガンダム GGENERATION WARS』(エスディーガンダム ジージェネレーション ウォーズ)は、2009年8月6日に発売されたWii・プレイステーション2用ゲームソフト。据え置き機シリーズでは初めて任天堂ハードで発売された。Gジェネシリーズ初のダブルプラットフォームでもある。

本作では宇宙世紀以外を舞台とする作品も再び収録されており、『機動戦士ガンダム00』などが初登場となる。基本的なゲームシステムは『SPIRITS』のシステムを踏襲している。予約特典は「SDガンダム Gジェネレーション プレイヤーズバイブル」。

シチュエーションモードは、『機動戦士ガンダム』から『機動戦士Vガンダム』までの「オリジン・ジェネレーション」、『機動武闘伝Gガンダム』から『∀ガンダム』までの「アナザー・ジェネレーション」、『機動戦士ガンダムSEED』から『機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)』までの「ニュー・ジェネレーション」の3種類に分けられている。また、各モードを全てクリアするとエクストラステージが追加される。各シナリオは原作ストーリーを抜粋したものとして扱われており、ナレーションは全て平川大輔が担当している。

ユニットグラフィックは前作に登場したものも一部が新たに描き直されており、オリジナルキャラクターもデザインが刷新されている。また、各映像作品の主人公の中からマスターキャラクターを選択するとそのキャラクターに応じた、オリジナル機よりも性能を抑えたベーシック機が使用できるようになる。

ステージ初期では各作品の原作展開が再現されているが、特定の条件を満たすことで、他作品のキャラクターが登場するウォーズブレイクが発生する[1]。他のユニットが防御する支援防御、戦艦とともに連携攻撃する援護射撃が新たに追加されている。『PORTABLE』『SPIRITS』にあったハロスコア、ハロランクは廃止された。

マスターキャラクターを選択することで選んだマスターに関するキャラクターをスカウト(購入)でき、更に本作では戦艦からも出撃できるようになった。また、本作からオプションパーツも購入可能になった。他にもユニットがダメージを受けた時、格闘攻撃を受けた場合は態勢を立て直し、BEAM兵器3の攻撃を受けた場合は機体がショートするという演出が新たに描かれた。

前作と異なり明確な形での最終ボスというものは存在しない。「ジェネレーション・システム」がエクストラステージのキーワードとなっており、それぞれのステージでエギーユ・デラーズマリーメイア・クシュリナーダギルバート・デュランダルがその存在を示唆し「世界を統括する存在」「世界を歪ませる存在」等と発言している。エクストラステージを3つクリアすると「ジェネレーション・システム」と戦うオリジナルの展開になり「ジェネレーション・システム」が送り込むモビルスーツ、そして最後に「0ガンダム」と戦う事になる。

同年に死去したノリス・パッカード役の市川治がライブラリ出演した。また、2010年郷里大輔が急性心不全で死去。郷里演じるドズル・ザビバスク・オムを演じるのは本作が最後となった。

ユニットの仕様変更

  • ガンダムのハイパー・バズーカ、ビームジャベリンやバウンド・ドックのビームサーベルなど新しい武装が追加された。
  • ザクIIはF型とJ型の識別が無くなり、武装にクラッカーが追加された。
  • 百式のメガ・バズーカランチャーやΖΖガンダムのハイメガキャノンなど一部のMAP兵器が通常武装としても使用できるようになった。
  • バウトーラスエアリーズなどの一部の可変MSの変形機能がオミットされた。
  • ゾロトムリアットなどのビームローターを使うMSの着地機能がオミットされた。
  • ガンダムF90ザクウォーリア等のハード・ポイント・システムがオミットされた。
  • ∀ガンダムやフェニックスガンダムに能力解放版が追加された。
  • ブルーディスティニーイフリート改などのEXAMシステムを搭載したMSの起動機能がオミットされ、代わりに特殊格闘武器として武装に追加された。

登場作品 編集

下記の登場作品以外にも、キャラクターや機体が登場せずクレジットもされていないがオプションパーツの出典元として登場している作品がある。

脚注 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はSDガンダム_GGENERATIONにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki