FANDOM


この記事はWikipedia:クロスボーン・ガンダムから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

クロスボーン・ガンダムX1フルクロス

フルクロス(Full Cloth)と呼ばれる強化パーツを装着した形態で本編におけるX1の最終仕様。『鋼鉄の7人』に登場。

グレートキャニオンでの戦闘で破損した機体をフリントのパーツを利用して修復、その際に対ビーム防御用ユニット・フルクロスを装着しカラーリングはX1本来のものに戻された。胸部のガトリング砲を除けば、本体の機体仕様はパッチワーク以前に戻されている。また修理の際に残存する予備パーツを全て使用したために事実上「最後のクロスボーン・ガンダム」となった。(現在は、続編であるクロスボーン・ガンダムゴーストにクロスボーン・ガンダムX0が登場しているため、最後ではなくなった。)両腕はフリントの物を利用し、ブランドマーカー兼ビームシールドに戻され、予備部品として残されていたX3用の腕部Iフィールドジェネレーターを改修してフルクロスのスカルヘッドとして両肩の1つの部品として使用される。

手持ちの武器としてはクロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)の武器であるピーコックスマッシャーと、クロスボーン・ガンダムX3の武器であるムラマサブラスターを装備する。

フルクロス 編集

フルクロスは、ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マントを積層化し特殊加工を施したパーツとIフィールドジェネレータ内蔵のショルダーアーマー・スカルヘッドユニットで構成され、対ビーム防御の向上を目的としている。

ABCマントはその特殊性とコストを理由にサナリィからの供給が絶たれていた為、残存した切れ端等を掻き集めた物を利用している。積層化した事と機能を分散させた構造によって耐弾性は向上した。

スカルヘッドユニットは、クロスボーン・ガンダムX3用の部品を流用したIフィールドジェネレーターを左右で4基内蔵し広範囲のビーム防御が可能になった。また、左右4基のIフィールドジェネレーターを利用する事により、エネルギーが続く限りという制約と、防御範囲が狭くなるといった問題はあるものの、使い方次第でIフィールドを常時張り続ける事が可能となっている。トビアのとっさの思いつきでナックルガードとしても使用している。また、初期のプランでは装甲内部に収納式のヒートカッターを装備する予定だった。本ユニットは胴体と肩部アーマーに取付ける形で装着する。腕部の武器の使用や背面のメインスラスターに支障がないように可動軸や装着方法がとられている。

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクロスボーン・ガンダムにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki